• リアルタイムで変わる

    激動の時代を生き抜くために

    リアルタイムにリアルの現場で

    リアルに役立つ最新の理論を学び

    リアルな仲間と共に実践し成果を上げる

  • EMSリアルとは?

    おかげさまでEMS基礎原理コースは1000名以上の修了者を出し、その半分以上の方がEMSフェロー(研究実践者)コミュニティに所属していただいています。このリアルクラスは、日々進化し続ける本質行動学の最新の理論と技術を学び、それぞれの課題に対して成果を上げるために実践していくクラスになります。
     
    例えば…
    □組織や事業の「成果」を上げるために組織を本質化&効率化を図りたい
    □幸せなライフを実現するためにパートナーシップや子育ての悩みを解消し、家庭面も充実させたい
    □アートやスポーツのパフォーマンスを飛躍的に向上させたい
    □実践している成果を研究(論文)としてまとめていきたい
     
    といったそれぞれの課題に対して、肯定ファーストに基づくシェアと相互助言システムによる「チームコーチング」や、本質行動学に精通する講師による講義やアドバイスを生かしながら、取り組み、共に深化/進化を遂げていく場を作り上げていきます。
     
    フェローの皆様の継続的な参加はもちろん、遠方の方も上京された際にピンポイントで参加していただくことが可能です。また一般の方もEMS体験の場としてどご参加いただけます。

    それぞれの目的を実現するためパワフルな理論と方法論で支援 

    それぞれの人生の目標や課題に対して、本質行動学の「人間の原理」「価値の原理」「方法の原理」はもちろん、リアルだからこそ学べる「方条式最大効率マネジメント」「構造構成主義 認識訓練法」といったOSそのものを向上させる枠組みと、「マネジメントのメタ理論MDPS」「本質観取」といった本質行動学独自のフレームワークで、皆さんの研究/実践/進化をパワフルにサポートします(以下参照)。
     
    トライアル期間となるため以下の内容は暫定的なものであり変更になる可能性があります 

    リアルクラス開催スケジュール(1ヶ月に2回開催) 

    時間19:00~21:30(15分延長時間込み)

    2022年12月20日 リアルEMS無料体験会*・・・終了後、忘年会

     

    *別コースとなる1月25日から始まる「EMS基礎原理コース8期」に関心のある方の参加も歓迎します。

     

    2023年

     

    第1回 1月17日(火)

    第2回 1月31日(火)

    第3回 2月7日(火)

    第4回 2月28日(火) 

    第5回 3月7日(火)

    第6回 3月28日(火)

     

    いずれも終了後、懇親会の予定

     

    …(来年度も継続予定)

     

     

    ※感染症拡大防止のために体調がすぐれない方は参加をご遠慮ください(体調不良の際には講師もお休みさせていただきます)。

  • 本クラスで活用する本質行動学の原理と方法

     

    100年後、1000年後にも通用する本質行動学の原理を基軸とした最深の理論や技術を開発、提供し、参加者の幸せなライフの実現や組織で成果を上げていくことをサポートします。

    • [NEW!!]マネジメントのOSとなる世界認識を最適化する「構造構成主義 認識訓練法」

    • [NEW!!]古武術から生まれた究極のマネジメントパフォーマンスをもたらす「方条式心身運用術」

    • [NEW!!]本質的な経営の教科書となる「青野式本質経営」に関する論文で経営のパラメータを向上させる

    • [NEW!!]物事の本質を捉える「本質観取の方法と実践」

    • [NEW!!]着実に成果を上げるための方法の原理に根ざした「EMS式リフレクションフレームワーク」

    • [NEW!!]必要なパラメータを自覚的に埋め向上させる「マネジメントのメタ理論MDPS」の実践運用

    • [NEW!!]肯定ファーストと本質行動学の共通言語で気づきを与え合う「EMS式チームコーチング」

    • ライフマネジメントの起点となる「ワークグラム」

    • 進化の鍵となる「裏の関心のマネジメント」

    • 関心に応じて価値を見出す「価値の原理」

    • あらゆる方法を自由に使いこなすための「方法の原理」

    • あらゆる人のマネジメントの基本「人間の原理」

  • Essential Professors

    講師/共同研究者

    皆さんの深化/進化をバックアップするEMS講師陣もそれぞれ研究テーマを持った「共同研究者」として参加します。EMSの特色の一つである「あちらとこちらを分けない運営」によって、課題によっては参加者がアドバイスや講義をしたりといった流動性のある運営を体現していきます。

    西條 剛央 EMS代表/修了生

    研究テーマ 本質行動学の深化と応用

    博士(人間科学)。日本学術振興会特別研究員を経て、最年少で早稲田大学大学院(MBA)専任講師、客員准教授を歴任。東日本大震災に際して独自に体系化した構造構成主義(本質行動学)をもとに50のプロジェクトからなる日本最大級の総合支援ボランティア組織を育てあげる。2014年、Prix Ars Electronicaのコミュニティ部門において、ウィキペディア等が受賞した最優秀賞(ゴールデン・ニカ)を日本人として初受賞。「ベストチームオブザイヤー2014」「最優秀グッド減災賞」「NPOの社会課題解決を支えるICTサービス大賞」受賞。著書に

    クライシスマネジメントの本質: 本質行動学による3.11 大川小学校事故の研究』(山川出版社)

    構造構成主義とは何か』(北大路書房)

    質的研究とは何か』(新曜社)

    人を助けるすんごい仕組み』(ダイヤモンド社)

    チームの力』(筑摩書房)など。

    方条 遼雨  EMS講師/修了生

    研究テーマ 心身の最大効率マネジメント

    武術研究家である甲野善紀氏に学び、日本古来の古武術を独自のスタイルで探求。一流のアスリートや格闘家からも一目置かれる存在として、更なる進化を遂げ続けている日本有数の武術家。2016年・前年度「合気道SA」主催「実戦合気道選手権」無差別級優勝、総合優勝者に勝利するなど圧倒的な実力を有しながらも、わかりやすい指導には定評がある。マネジメントを実行する現場(OS)は頭ではなく身体です。日常生活の身のこなしや体調/感情/緊張/ストレスのマネジメント、哲学的な生き方まで、従来型の「最大出力で最大成果を出すマネジメント」から「必要最小出力で最大成果を出す超効率マネジメントの原理」へと進化させ、体験した人にしかわからない目からウロコの内容を提供していきます。

    田上陽一 EMS講師/修了生

    研究テーマ 本質行動学に基づく音楽教育

    ボサノバを代表するベストセラーアルバムとなる「アニメンティーヌ/クレモンティーヌ」や「みんなのうた」の曲やCMソング、アーティストへの楽曲提供、アレンジなど、音楽業界で広く活躍。2022年からはEMS Music of Life Schoolを主催。その温厚で柔らかい人柄と本質行動学に根ざした独自の音楽教育法 Tメソッドによって、楽譜や楽器、音楽理論を全く触れたことがない一般の人が次々と作詞作曲し、オリジナルのライフソングを創れるようになるという奇跡を実現した。本コースではEMS講師として、アートや感性を伸ばす観点から、参加者のマネジメント力の向上をサポートします。

  • 会場 TIME SHARING 平和島 会議室A

    〒 143- 0016 東京都大田区大森北6-12-17

    京急線 平和島駅 「東口」 より徒歩1分

    ◆平和島駅からのアクセス◆
    ①駅の改札(1か所のみ)を出たらすぐ左折します。
    ②車道に突き当たりますので、左折して進みます。
    ③直進するとすぐに道が二股に分かれますので、左側・高架下方面へ進みます。
    ④道なりに進むと「京急キッズファン(保育園)」が1階に入った建物があります。その建物が当施設です。
    ⑤正面入口の自動ドアから中に入り、すぐ右の白いドアが当スペースの入口扉です。

  • 本質行動学学院

    EMSリアルクラス学費(予定*) 

    ●半年間の継続参加の学費(EMSフェローのみ)

    開講記念特別価格 半年継続参加パッケージの学費55,500円(税込)*/6ヶ月全12回(1回あたり4625円)  

    *2023年2月までにお申し込みの方限定。それ以降は8万円6ヶ月全12回(1回あたり6666円) 

    修了要件はございません(随時入学退会可能)

     

    ●単発参加費(どなたでもご参加いただけます)

    ・一般参加 1万円

    ・EMSフェロー特価 7000円

    ・2023年1月のクラスは開講記念としてどなたでも5000円でご参加いただけます

     

    *いずれも予定 検討中のため変更可能性あり

     

     

  • 2023年1月末まで半年継続枠でのお申込み特典

    『本質行動学ーEssential Management School公式テキスト 西條剛央 論文集 第1版」

    2023年1月末まで半年継続枠でお申し込みいただいた方は、上記特別価格にてご参加いただけることに加えて、リアルクラスでも活用する本質行動学(Essential Management Science)の公式テキスト(定価税込3,850円)を無料でお送りします。

     

    【EMS公式テキスト内容】
    A4、406ページ、2022年5月1日刊行

     

    ・本質行動学以前~構造構成主義に基づく組織行動の誕生と実践成果
    ・本質行動学の誕生~ドラッカー理論との融合
    ・本質行動学の理論化~MDPS誕生
    ・本質行動学の展開~コンシャス・マネジメントの追究
    ・本質観取から本質掌握へ~「本質行動学」理論の進化

  • 顧問/共同研究者(不定期参加)

    青野 慶久

    研究テーマ
    「サイボウズ式本質経営の進化」
    サイボウズ株式会社 代表取締役社長/EMS修了生

    一部上場企業で「100人100通りの働き方」を実現。働き方改革や選択的夫婦別姓の騎手となる。EMSでは創設から講師を務める同時に受講生としても定期的に参加、また「経済力が学びの障壁にならないように」との思いから青野慶久奨学基金によってこれまで100名以上のEMS参加者の学びを支えてきた。2022年のドラッカー学会の学会誌『文明とマネジメント』で西條が青野式本質経営というべき原理的マネジメントを体系化。本コースの経営の教科書として活用していきます。

    熊平美香

    研究テーマ
    「リフレクションと人材育成」
    昭和女子大学ダイバーシティ推進機構キャリアカレッジ学院長​/EMS修了生

    ハーバード大学経営大学院でMBAを取得。株式会社エイテッククマヒラを設立後、学習する組織論に基づくリーダーシップ、チームビルディング、組織開発を軸にコンサルティング活動を開始。昭和女子大学ダイバーシティ推進機構キャリアカレッジでは、女性活躍推進、働き方改革の支援を行う。2015年、21世紀学び研究所を設立し、企業と共にニッポンの「学ぶ力」を育てる取り組みを開始。経済産業省が改訂したあ社会人基礎力の中に、リフレクションを盛り込む提案を行った。

    田中邦裕

    研究テーマ
    「コンシャスティール組織運営」
    さくらインターネット代表取締役社長/EMS修了生

    99年にさくらインターネットを創立し、社長に就任。現在、社員数は約700人、売り上げは約230億円まで成長。その間、社長退任、株式上場、債務超過の危機、社長復帰などの荒波を乗り越えてきた経験を活かし、さくらインターネットを日本を代表するティール組織に育て上げる。EMSの「肯定ファースト」を会社の理念に導入するなど本質行動学を企業経営に活用し、また、経済的なことが理由で受講できない学生や社会人が生まれないようにという思いから、EMS田中邦裕奨学金を提供、多くの人の学びを支えている。

    原口佳典

    研究テーマ
    学習者主体で学ぶ場創り

    コーチングバンク代表取締役​/EMS修了生

    2005年、国際コーチ連盟が定める認定プログラムCTPを受講後、3年間でのべ1000人以上のコーチ養成に携わる。2006年コーチングバンクを開設、法人化して現在に至る。一方、米国国家品質賞「マルコム・ボルドリッジ国家品質賞(MB賞)」を範とした日本経営品質賞にも取り組み、2006年より経営品質協議会認定セルフアセッサー、2008年度より日本経営品質賞審査員、2012年度まで、経営品質アセッサーフォーラム理事。その後日本支援対話学会、国際コーチ連盟日本支部、アカデミック・コーチング学会の設立に携わる。EMS創設時から運営を支え2020年一般社団法人EMSの理事に就任。

  • ブログ

    ブログや最新情報の投稿を表示することができます。

    1月17日、目の前で親友が落下、死んだと思った。    1月22日のライブの練習をしようとes-Senseというバンドを組んでいる方条...
    すべての投稿
    ×
    ×
    プライバシーポリシー
    プライバシーポリシー
    
    ■ 個人情報保護の基本方針
    一般社団法人EMS(以下、「当法人」といいます)は、個人情報の保護及びプライバシーの尊重を重視し、以下の方針に基づき個人情報の保護に努めます。
    
    個人情報の保護に関する法律(以下、「個人情報保護法」といいます)第2条第1項に定められている個人情報(以下、単に「個人情報」 といいます)の取り扱いについては、この基本方針を遵守するとともに、組織体制を整備し、その適切な取り扱い及び保護に努めてまいります。
    当法人は、個人情報の安全管理が図られるよう、当法人の役員及び社員、外注スタッフ及び講師、運営メンバー並びに参加者に個人情報保護の重要性を共有します。
    当法人は、個人情報を適切な方法で管理し、正確かつ最新の状態に保ちます。情報通信技術及び組織体制の両面から合理的な安全対策を講じて、個人情報への不正アクセス、紛失、破壊、誤用、改ざん、漏洩等の防止に努めます。
    当法人は、個人情報の保護及び管理のために必要な事項を継続的に見直し、その維持、改善に努めてまいります。
     
    
    ■ プライバシーポリシー
    第1条(当法人が収集する個人情報)
    当法人が収集する個人情報は以下の通りです。
    
    当法人へのお問い合わせ、資料や情報のご請求、各種コースやイベント等のお申込時またはお申込後に届け出た事項(氏名、住所、電話番号、生年月日、所属先、メールアドレス、Facebookアカウント等)
    当法人が提供するコース、イベントその他のサービスのご利用状況
    各種コースやイベントにおいて、その様子を動画撮影する場合があります。これは、参加者に対する事前資料、欠席者の補講や復習としての参考資料、及び法人内資料のために用いられます。その際に、情報主体(以下、「本人」という)を合理的範囲内で撮影させていただく場合があります。
    
    第2条(個人情報を利用する目的)
    当法人が個人情報を収集・利用する目的は、以下のとおりです。
    
    当法人のサービスの提供・運営のため
    本人からのお問い合わせに回答するため(本人確認を行うことを含む)
    本人が利用中のサービスの更新情報及び当法人が提供する他のサービスの案内を送付するため
    重要なお知らせなど必要に応じたご連絡のため
    マーケティング調査および分析のため
    上記の利用目的に付随する目的
    
    第3条(利用目的の変更)
    当法人は、利用目的が変更前と関連性を有すると合理的に認められる場合に限り,個人情報の利用目的を変更するものとします。利用目的の変更を行った場合には、変更後の目的について、本ウェブサイト上に公表するものとします。
     
    第4条(個人情報の第三者提供)
    当法人は、次に掲げる場合を除いて、あらかじめ本人の同意を得ることなく、第三者に個人情報を提供することはありません。ただし、以下の場合及び個人情報保護法その他の法令で認められる場合を除きます。
    
    本人の事前の同意・承諾を得た場合
    本人より、当法人が第三者に対して情報提供を行うことを内容とするご依頼をいただいた場合
    決済にあたり金融機関・カード会社等との間で口座番号およびクレジットカードの有効期限などの個人情報を交換する必要がある場合
    法令に基づき司法機関、行政機関からその要請を受けた場合
    人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であり、本人の同意を得ることが困難である場合
    国の機関もしくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令に定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であり、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼす場合があるとき
     
    第5条(個人情報の開示)
    個人情報保護法に基づき、保有個人データの本人又は正当な代理人からの開示を求められた場合、遅滞なくこれを開示します。ただし、以下に定める場合は不開示とさせて頂きます。
    
    本人又は正当な代理人との確認ができない場合
    本人又は第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
    当事務局の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
    他の法令に違反することとなる場合
     
    第6条(個人情報の訂正および削除)
    本人は、当法人の保有する自己の個人情報が誤った情報である場合には、当法人に対して個人情報の訂正、追加、削除、利用停止、消去、第三者の停止(以下「訂正等」といいます)を請求することができ、当法人は、その請求に応じる必要があると判断した場合には、遅滞なく当該個人情報の訂正等を行うものとし、訂正等を行った、または行わない旨の決定をしたときは、遅滞なく本人に通知します。
    
    第7条(プライバシーポリシーの変更)
    本ポリシーの内容は、法令その他本ポリシーに別段の定めのある事項を除いて変更することができるものとします。変更後のプライバシーポリシーは、本ウェブサイトに掲載したときから効力を生じるものとします。
    
    第8条(Cookie情報の利用、広告配信等について)
    当法人は、当法人のウェブサイトにおいて、当該ウェブサイト内容の変更、ナビゲーションの強化などお客様へのサービスの向上を目的として、第三者のものを含むCookieを利用することにより、当法人のウェブサイトからお客様のコンピュータ内にデータを送信し、お客様がご利用中のコンピュータ内に保存することがあります。このCookieは、お客様の個人情報を識別するために用いられるものではなく、お客様ご自身でお使いのブラウザの設定を変更することにより、Cookieの機能を無効にすることができます。
     
    当法人は、複数の広告配信事業者と提携し、インターネットサイトにおいて当社の公告を掲載することがあります。お客様がCookieの受け取りを可能な設定としている場合は、広告配信事業者の広告枠に当法人の広告が表示されることがあります。広告の配信を希望されない場合は、以下のオプトアウトページにアクセスし、各事業者サイトの手順に従い、無効化の設定をお願いいたします。
    
    事業者名 Google
    利用目的 ターゲティング広告
    オプトアウトページ https://adssettings.google.com/u/0/authenticated
    
    第9条(お問い合わせ窓口)
    本ポリシーに関するお問い合わせは、下記の窓口までお願いいたします。
    
    住所:沖縄県那覇市牧志一丁目4-26
    法人名:一般社団法人EMS
    Eメールアドレス:contact-mail@essential-management.jp
    
    2021年2月17日 制定
    一般社団法人EMS